マーケティングにおけるブランド創出

a0002_004900

企業戦略になくてはならないもの

マーケティングにおいて、
自社製品の優位性を保つために大きな力を発揮するのが「ブランド」力です。

ブランドとは、もともとは家畜の識別のために押した焼印(Brand)のことでしたが、
これが転じてその企業など団体がリリースする製品の特徴や
性質など多くの意味を含むものとして発展しました。
現在においては「ブランド」という言葉には
非常に深い意味が示されているようにもなっており、
企業の販売・マーケティング戦略を考える上においてはなくてはならないものとなっています。

日本において「ブランド」という言葉は
「ブランド品」「高級ブランド」といったように
高価な製品にのみ付与されるもののような誤解もありますが、
その他にも「プライベートブランド」や「コーポレートブランド」
といったような製品以外のものまでも含む用途にもよく登場しています。

ブランドが企業戦略になくてはならないものとなっている理由としては、
まず企業そのもののイメージとは別の、
付加的な価値を持つものとしての地位を確立できるからです。

現在有名ブランドとして知られている製品の中には、
企業名とは全く別の名称がつけられていることもあり、
中には企業名よりもブランド名の方が
有名になってしまっているという場合もよくあります。

独自ブランドの確立

ブランド名はしばしば商標名と混同されることもありますが、
正式にはブランドという言葉には
「名称、標語、商標、デザイン、シンボル、
その他の特徴およびそこから連想される価値」となっており、
有形のものだけでなく無形のものまでもが含まれます。

無形ブランド品の代表がサービスに対するブランドですが、
事業全体に対して一つのブランド名が付けられることもあります。

ブランドとして確立された製品やサービスでは、
それらを利用したメッセージ性を持たせることができるという大きなメリットがあります。

高級ブランド品においては、
そのブランドを持っていることが何らかの社会的地位や
意思表示をするための手助けとなることもよくあり、
消費者にとってはその製品の実用的価値以上の価値を与えることができます。

歴史的にみても、日本においては独自の商業文化として
「のれん分け」というものがありましたが、
これもそのお店のブランドを引き継いでもよいという許可を得た
という広い意味でのブランド戦略であったということができます。

中小企業においては独自ブランドを作っていく過程を身につけることが、
ブランド戦略の最初のステップとなります。

Comments are closed.

Post Navigation