マーケティングミックスと4つの「P」

市場調査をする

マーケティングについて考えるとき、
まず必ず踏まえておきたいのが中核的な概念である4つの「P」についてです。

この4つの大要素をうまく組み合わせてマーケティング戦略を考えていくことを
「マーケティングミックス」といいます。

ちなみにこのマーケティングミックスという分析方法を考えたのは、
アメリカの学者であるJ.マッカーシーで1961年に発表しました。
マーケティングミックスの4要素となる「P」とは、
順に「製品(Product)」「価格(price)」「場所(Place)」「促進(Promotion)」です。

製品(Product)

まず、マーケティングをするとき最初に準備しなくてはいけないのが
最初の「製品(Product)」です。

かつて社会全体が品不足の状態にあったときには、
企業はどんどん新しい製品を開発し、
店頭に並べていれば自然と売れていってくれましたが、
今ではそのような単純な開発方法ではうまく販売経路を確立することはできません。

そのため、新たに製品・サービスを開発しようとするときには、
あらかじめ市場のニーズや競合製品などを調査し、
魅力的な新製品を開発できるようなしくみを作っていかなくてはいけません。

価格(Price)

次の「価格(Price)」は、消費行動を起こさせるための重要な要素となります。
同じ製品であればほとんどの人は安いものを購入するため、
利益を確保しつつできるだけ安価に製品を製造できるようなしくみが必要です。

ただし、どんな製品でも安ければそれでよいというわけではなく、
ブランドイメージや付加的な価値を製品につけることにより
あえて高い価格設定をするということも、
ときにマーケティングにおいては必要な戦略です。

場所(Place)

「場所(Place)」は、かつてはそのモノを販売する店舗の立地のことでしたが、
現代においてはより数多いチャンネルのことをさしています。

最近では店舗販売以外にも、テレビや雑誌を使った電話・FAXでの通信販売や、
インターネットを通じたECも多くの人から利用されています。
どのような雰囲気なら人は購入したいと思うかという雰囲気づくりまでもが含まれます。

促進(Promotion)

最後の「促進(Promotion)」は、
いわゆるマーケティングとして私達が認識しているようなことで、
広告や宣伝などのことをいいます。

イベントやキャンペーンなどを通じて多くの人に
製品・サービスを認知してもらい、その良さを知ってもらうという方法です。

ただし、最近は他の3つの要素に比べて
この促進活動ばかりに熱心になる企業が多いことが問題として指摘されています。

Comments are closed.

Post Navigation