「安い!」と思わせるためのコツ

a1600_000186

価格帯を狭くすることが大切

例えば同じようなメニューを扱う2つの飲食店があったとします。
両方とも最も売れ筋にしているのは800円の日替わりランチですが、そのほかのメニューの価格には微妙に違いがあります。

仮にお店の名前をA店・B店とします。
A店では最も安いメニューが500円の目玉焼き定食で、最も高いメニューは2500円の刺身・天ぷら定食です。
一方B店では最も安いのは700円のミートソーススパゲティで、最も高いのは2000円のステーキランチです。

800円という価格のメニューには日替わり定食の他にも全メニューの50%程度の価格帯が集中しています。
このようなメニューの場合、A店とB店ではどちらに「高い」というイメージを抱くでしょうか?
おそらくこの場合、A店の方がなんとなく心理的に「高い」というイメージを抱くことでしょう。

品揃えを数多く揃えるタイプのお店の場合には、このような価格のつけかた一つでお店のイメージをがらりと変えることができます。

自分でお店を運営していくとき、「うちは高いものも安いものもなんでもある店なんだ」というコンセプトをつくり、市場平均にくらべて非常に安いものと非常に高いものの両方を一律に並べてしまうという場合があります。

ですが、よほど何でも揃えることができる巨大な百貨店のような場合を除き、そのような幅広い価格帯のものを用意するのはあまりよい方法ではありません。

特にお店を始めたばかりの頃でまだそのお店のイメージが周辺に固まりきっていない時期には、価格帯はできるだけ狭くしていくことが大切になります。

人は心理的にとても高いものと安いものが並んでいるときには、どうしても高い方の価格が印象として強く残ってしまうので、結果的に購入した品物が同じ価格であっても店内にあった高い製品のイメージが残って以後「あのお店は高い」という印象が持たれてしまうのです。

戦略のコツ

このイメージをうまく戦略として活かすコツとしては、まず最も売れ筋となっている価格帯に全商品の半分くらいの製品をおきます。

残り50%のうち、売れ筋価格帯よりも高い製品よりも安い製品に多く品物をおくようにするとよいでしょう。
高い:売れ筋:安い→2:5:3くらいのイメージです。

自分が欲しい品物よりも安いものがたくさんあるという印象が与えられると、なんとなく「このお店は安い」と思うので、気持よくお金を払ってもらいやすくなります。

新しく商品を仕入れるときにも、この価格帯のバランスを意識しておくとよいでしょう。

Comments are closed.

Post Navigation