クライアントのためのマーケティング調査

多くのデータを集める

マーケティングを戦略的に行う場合には、
できるだけ多くの数値から分析ができるような調査データが必要となります。

いくら机上で会議を繰り返しても、
現在の市場がどのような動きをしているかをきちんとつかむことができなければ、
それは空論にしかならないためです。

ある意味、ここ最近のマーケティングにおいては
この情報収集能力がどれくらいあるかということが
成否をわける重要なカギとなっているとも言えます。

市場調査においては、これから開発する製品の参考にするためのニーズを
調べることの他、現在既に販売を開始している自社製品への満足度を調べることもできます。

既存の製品について調べることを、
そのまま新製品開発のアイディアにつなげることもできます。

リサーチを怠らない

製品のマーケティングリサーチを行うためには、
現在専門のリサーチ企業に依頼をしてデータのみを集めてもらう方法が主流となっています。

リサーチの方法としては、街頭でのアンケートを行ったり
募集をかけて個人と面談調査を行ったりします。

最近では、テレマーケティングとして電話を無作為にかけて意識調査を行ったり
DMやインターネットを通じて返信をしてもらうという方法もよく使われています。

このうち、街頭や面談などで直接人と会話をして情報を集める場合には、
詳しい情報を集めることができる反面、
短時間に大人数の情報を集めることは難しくなります。

また、実際に人を使っての作業となるので人件費などの経費がかかってしまいます。

対して、電話やDMや、インターネットでは
比較的短時間に安い費用でたくさんの情報を集めることが可能です。

ただし、実際に対面をしないことで適当に返答する人が増えてしまったり
不特定多数の信憑性のないデータが集まってしまうという可能性も出てしまいます。

マーケティングのためのリサーチを行う場合には、
どのような情報が欲しいかを考えて収集方法を選ぶようにする必要があります。

リサーチによって集まった情報は、
マーケティングを専門に行う部門やコンサルタント企業によって分析されることになります。

分析をするときにはそれぞれの調査機関が
独自に用意したプログラムを使って解析作業を行うようになっています。

分析をもとに出された結論や改善点などは、
報告書として依頼主である製品・サービス提供企業に送られます。

利用率や普及率など個別の事案ではない一般的な調査については
独自に調査しなくとも官公庁や民間調査機関から公表されている場合もあります。

Comments are closed.

Post Navigation