マーケティングと価格戦略

価格設定が大切

中小企業の多くにおいては、
大企業で製造される製品に負けずとも劣らないような素晴らしい技術力があります。

かつては「良い物を作れば自然と人は買ってくれる」という信念のもと、
プロモーション活動よりも製品の性能や
技術の向上にひたむきな努力をしてきた結果でしょう。

しかしながら現在においてはマーケティングの戦略・戦術なしには
モノを売ることは難しい時代となっているため、
ただ他の企業よりも優れた製品をつくるだけでは
なかなか企業的な成功を得ることはできません。

中小企業において最も苦労をするマーケティング戦略が、「価格設定」です。
価格設定はどのような製品・サービスを作るときにも
必ず必要となることであるため、苦手だからと避けることもできません。

このごろは優秀な経理ソフトなども登場してきており、
工業簿記などをマスターした人も多く経理の現場で勤務をするようになっているため、
原価計算などを用いて製品のもとの値段を算出することも
中小企業などで行われるようになりました。

ですが、原価計算分にどのくらいの利益を乗せることが
適当であるかの判断については、一律簡単に法則があるわけではありません。

価格設定が難しいのは、
その製品やサービスのよって適切な利益率というのは大きくことなるためです。

原価の計算だけではなく、その製品・サービスが市場全体でみて
どのくらいの価値があるかを判断しなくては、
販売に有効な価格を決めることはできません。

モノの価値

中小企業の多くでは、
大企業に少しでも対抗しようと無理な値下げを行うところも多く見られます。

確かに、大企業では生産に関わる人数が多いため
その分多くの原価が製造にかかります。

ですが大量生産が可能な製品になると反対に大工場を持つ企業の方が
1つあたりの金額を大きく下げることができてしまいます。

さらに身を削った価格競争による“足を止めた殴り合い”になると
どうしても体の大きな企業の方が有利になってしまいます。

中小企業における価格設定で大切なのは、
需要に基づいた「需要志向型プライジング」を行うようにするということです。

同じ製品が市場に出回ったとき、
顧客はいくらであったら買うのかということを的確につかみ、
そこに付加価値をつけて販売をすることで、
「買いたい」と思う価格で提示をすることができます。

ただしこの需要志向型プライジングは、
その製品についての特徴・価値の熟知とともに世間的な意識調査も
必要な難しい作業なので、専門家の知恵を借りる方がよいかもしれません。

Comments are closed.

Post Navigation